研究テーマ

認知症・アルツハイマー病は、早急に克服すべき喫緊の社会問題です。しかし、その発症機構や病態形成にかかる分子機構は未だに明らかになっていません。我々は、次世代型のアルツハイマー病モデルマウスの創出に成功し、これらモデル動物を駆使し、神経ーグリア連関、脳ー末梢連関に着目して研究を進めています。アルツハイマー病の克服に繋がるような創薬標的の探索からバイオマーカーの探索を展開し、他の神経変性疾患にも有用な予防・治療・早期診断法の開発を目指しています。

アルツハイマー病に特有のアミロイド病理(青)に対して、ミクログリア(赤)やアストロサイト(緑)などのグリア細胞が特異的な応答を示している様子を観察した(Saito et al., Nat Neurosci. 2014)

メンバー

教授
齊藤貴志
講師
朝光かおり
助教
肱岡雅宣
技術職員
土肥名月