研究テーマ

自閉症などの神経発達障害には遺伝子の異常の寄与が大きいことが今までの研究によって明らかにされ、実際に近年のゲノム解析技術の進歩により多くの原因遺伝子が同定されてきています。我々のグループでは、発達障害や知的障害、てんかんの発症に関わる複数の遺伝子の同定、モデル動物の作成や、それらを用いた発症機序の解明、更には遺伝子治療法を含め全く新規で真に有効な治療法の開発を目指して研究を進めています(山川)。また、リウマチ、間質性肺炎などの免疫疾患研究も進めています(金澤)。

図1 欠神てんかん発症の神経回路
大脳皮質から大脳基底核にある線条体の高頻度発火抑制性神経細胞(FSI細胞)への興奮性神経伝達の低下が(赤矢印)、FSI細胞の発火低下を 引き起こす。それが中型有棘細胞の脱抑制(活性化)(赤横線)、淡蒼球外節の過剰抑制、視床下核の脱抑制、淡蒼球内節・黒質網様部の過剰 興奮を介して、視床投射細胞の過剰抑制とその結果としてのリバウンドにつながり、視床-大脳皮質回路の駆動、欠神発作の発症につながる。 大脳基底核には線条体、淡蒼球外節、視床下核、淡蒼球内節/黒質網様部が含まれる。(Miyamoto H et al, Nat Commun 2019)

メンバー

教授
山川和弘
講師
鈴木俊光
学内講師
金澤智
特任助教
山形哲司
技術職員
日比悠里名

主な研究業績

  • (山川チーム)
  • CUX2 deficiency causes facilitation of excitatory synaptic transmission onto hippocampus and increased seizure susceptibility to kainate. Sci. Rep. 12:6505 (2022).
  • Genome-wide association study of epilepsy in Japanese population identified an associated region at chromosome 12q24. Epilepsia 62(6):1391-1400 (2021).
  • Epilepsy protein Efhc1/myoclonin1 is expressed in cells with motile cilia but not in neurons or mitotic apparatuses in brain. Sci. Rep. 10, 22076 (2020).
  • CRISPR/dCas9-based Scn1a gene activation in inhibitory neurons ameliorates epileptic and behavioral phenotypes of Dravet syndrome model mice. Neurobiol Dis. 104954 (2020).
  • A recurrent PJA1 variant in trigonocephaly and neurodevelopmental disorders. Ann Clin Transl Neurol. 7(7):1117–1131 (2020).
  • (金澤チーム)
  • Suppression of epithelial abnormalities by nintedanib in induced-rheumatoid arthritis-associated interstitial lung disease mouse model. ERJ Open Res. 7(4):00345-2021 (2021).
  • Bimodal fibrosis in a novel mouse model of bleomycin-induced usual interstitial pneumonia. Life Sci Alliance. 5(1):e202101059 (2021).
  • Osteochondrogenesis derived from synovial fibroblasts in inflammatory arthritis model. Inflamm Regen. 40:7. (2020).